メディアとパートナーシップ

honestbeeはアジアで大人気の買物代行コンシェルジュサービスです。家事雑務の負担を軽減することで、日常生活をより快適に過ごして頂きたいと思っております。素早さと信頼性のあるオンデマンドサービスを私たちはお約束します!

フレキシブルな仕事と平等な雇用機会を創造することで、幅広い年齢の方々に技術向上やトレーニングを受ける機会を与えるという私たちの目標は、大きな社会貢献につながるものと考えております。

創業者

Joel Sng

Joel Sng

創業者と共同創設者

Joelは投資銀行でキャリアをスタートさせ、古い慣習を刷新する可能性を持つビジネスに対して長い間情熱を燃やしていました。このことから、彼はアーリーステージからミドルステージのたくさんの企業に地域や部門をまたいで投資してきました。

Isaac Tay

Isaac Tay

商品管理長と共同創設者

Isaac Tayはhonestbeeの共同創設者で商品管理の責任者として、アジア最大の最も便利なオンライン スーパーマーケットになるというhonestbeeのビジョンと、快適サービスとフレキシブルな仕事を通じ幸せな家庭を創造するという使命を叶えるようと奔走しています。ただ、これらは彼の日中の顔で夜はコメディアンとして活動しています。

Jonathan Low

Jonathan Low

共同創設者

Jonathanは、シンガポール国立大学での研究の一環としてシリコンバレーのモバイルペイメント関連スタートアップで1年間働いていた際にスタートアップに夢中になりました。honestbeeの共同創設者として人事からオペレーション、エンジニアリングまでJonathanはビジネスのあらゆる部分で活躍しています。

honestbee ニュース

現代版御用聞き オネストビーの買い物代行

 シンガポールのベンチャー企業、オネストビーが提供する買い物代行サービスが日本で本格始動した。注文者の半径5キロ圏内で買って届ける地域密着型サービスときめ細かな対応で、現代版の御用聞きを目指す。
日本経済新聞2017年9月8日

買物代行オネストビー、東京で本格始動

オネストビーは地域の小売店と競合せず、受注や配達といった機能を同社が担うことにより、小売店の顧客拡大と配達などの負担軽減に貢献する。
NNA ASIA2017年7月24日

買い物代行サービス「オネストビー」日本初進出 都内10区対象、西麻布拠点に

シンガポールに本社を置き、アジアを中心に世界8カ国にサービスを展開する同社。日本には今年7月に初進出し、西麻布に拠点を構えた。「地域社会に貢献する」をモットーにしているという。利用者がオンライン上の専用サイトから注文すると、スタッフである「コンシェルジュショッパー」が指定された場所と時間で買い物をして商品を届ける。
六本木経済新聞2017年9月1日

スーパーでのお買い物を代行――シンガポール発のhonestbeeが東京でローンチ

ユーザーはhonestbeeのサイトから注文すると、honestbeeの専任コンシェルジュがユーザーの代わりに買い物を行い、まとめてユーザーの元に届ける。注文した商品が品切れの場合、別の代替商品を指定したり、コンシェルジュに代替商品を提案してもらうオプションも提供している。
Techcrunch Japan2017年7月20日

honestbeeのJoel Sngは食料品デリバリーのスタートアップとして大きな目標を設定している

honestbeeスタートアップのオンライン食料品コンシェルジュであるHenry Hoが、シンガポール郊外のスーパーマーケットでバスケットを手に取ると同時に、時計が針を刻み始めます。次の5 分間で、この47歳の前共同トレイナーは、おしめを2 パック、シャワージェルとタルカンパウダーを1つづつ選ぶでしょう。そして支払いを済ませ、キャンバスバッグに詰め、近所のお客様の家に配達します。
Forbes Asia2016年2月24日

honestbeeのデータ

4.1倍はやく

4.1倍はやく

私たちはあなたが買い物をするよりも素早く買い物を行います。

20,000 の仕事

20,000 の仕事

コンシェルジュショッパーとデリバリーbeeのために2015 年7 月に設立。

700 の寄付

700 の寄付

Beyond Social Serviceのための生鮮食品バッグ

メディア ギャラリー

SNS

アプリをGET

App StoreGoogle Play

言語

language
arrow_drop_down

public
arrow_drop_down
© 2015-2018 honestbee. 無断転載を禁ず。